「座裏」と呼ばれるエリアが、静かに熱を帯びてきています。大阪メトロ御堂筋線なんば駅から地上に上がってすぐ、かつて歌舞伎座のあった裏手に様々な飲食店が軒を連ねています。今回訪れたのは座裏の小さな老舗焼肉店「若葉屋」。ホルモンも種類が豊富で七輪で焼いて食べるスタイル、ひとりでも気軽に入れる雰囲気とコスパでおすすめの焼肉店です。

店にはたくさんの七輪が置かれていました

ひとり焼肉でもみんなでワイワイでも使える店

外観はとっても小さな店構えで、赤い「若葉屋」と書かれた看板に大人ひとり通れるほどの狭い入り口が特徴です。1Fはカウンターになっていてひとりで食べにきている人もちらほら。2Fにはテーブル席もあるのでグループで来ても安心です。今回はひとりで来たのでカウンターに座ります。お店の気取らない雰囲気も含めて、ひとり焼肉デビューにも最適だと思います。

名物はボリューム満点、ホルモンMIX

何を頼むかはもう決めていました。塩タン(680円)とホルモンMIX(1980円)。他にもコース料理やホルモン単品、ご飯ものやスープも充実しています。この日の店員さんはひとりで忙しそうにされていましたが、それでも割と早めに塩タンが出てきました。塩タンから出すって、わかってますね。

一口食べると口の中に肉汁が広がります

塩タンを食べ終わるころに、お待ちかねのホルモンMIXが運ばれてきました。大皿いっぱいにひしめきあう肉の量と密度にとにかく圧倒!これは食べ応えがありそう。しっかりともみダレで味付けされたホルモンですが、その色鮮やかな様子から新鮮さがよくわかります。

ホルモンMIXを頼まれている人は多かった
ハチノスも美味しかったですがハツもいけます

ひとり焼肉で七輪という贅沢

「若葉屋」のイチオシポイントはひとりでも七輪で味わえるところ。仕事で疲れたあとでも、たまの休みの日でもとっておきの焼肉感で満たされます。そしてホルモンMIXもひとつひとつの肉の質が良いので安心して頼めます。なんばエリアでひとり焼肉といえば「いろりや」が有名ですが、メニューの豊富さ、コスパ含めて個人的には「若葉屋」に軍配を上げたいと思います。

テーマ: