南海難波駅の東側に看板や食器、調理器具などを専門に扱う「道具屋筋」があります。周辺は、近年新進気鋭の飲食店が集まるミナミのディープスポット、裏なんばとして生まれ変わりつつあり、その中に『普通の食堂いわま』があります。果たして普通の定食が出てくるのでしょうか?

普通といえば普通、だけど何かが違う気がしてならない

『普通の食堂いわま』のネーミングセンスが素晴らしいなと感じます。普通? でもビンビン伝わる普通じゃない感。この正体は一体なんでしょうか。

外からぱっと見ると、個性的な店主のイラストが目に入ってきます。これはガッツリとした定食を出してくれる店じゃないかな、という推測ができます。中に入れば、いい感じの定食屋だなという印象です。

メニューが豊富すぎて把握できない

メニューを見ると、ありすぎて選べませんでした。だから日替わりランチ「鶏カツ南蛮と豚の角煮とだし巻き玉子定食(1100円税込)」を注文。メニューの名前からして、なんだかボリュームがありそうな気がしますね。注文は学生のアルバイトっぽい若い女性が取りに来ました。カウンター越しに見える厨房では坊主頭の店主が、助手たちを従えて調理をしていました。話したら優しそうだけど、かなり迫力がある人だなって思いました。

ガッツリ派におすすめの定食

定食がやってきました。ボリューミーさに、おおーと思わず声をあげてしまいます。鶏カツ南蛮の大きさはわらじくらいあるでしょうか。タルタルソースもたっぷりかかっています。角煮もデカくて美味しそうです。だし巻き玉子は厚切りで食べ応えがありそうです。ボリュームには絶対の自信あり、という感じですね。

ボリューミーな定食を平らげます

ひとつずつ食していきます。まずは鶏カツ南蛮からいただきます。これは鶏の衣にも濃いめの味がついてますね。タルタルソースも濃厚だから一緒に食べるとお酒のアテのよう。しっかりとした味付けが好きな人には堪らないでしょう。角煮はめちゃくちゃ柔らかくて、とろけるような食感を味わうことができます。丸ごと口に入れても大丈夫な柔らかさです。だし巻き玉子を食べると口中に広がるふわふわ感とほんのり上品な薄味が心の奥まで満たしてくれます。

「セルフサービスです」とも言わない感じが好き。

まとめ

ガッツリ食べたい人も美味しく食べたい人も『普通の食堂いわま』は受け入れてくれます。味は濃いめだと思われます。男性向けと見せかけて、実は女性ファンも多そうなお店です。また違うメニューも食べてみたい、そう思わせる食堂です。

テーマ: