デカ盛り。その圧倒的な迫力に人々は魅了されてしまう。恵美須町駅から徒歩6分のところに店を構える「ポミエ」。名目上は喫茶店となっているが事実上デカ盛りのお店としてとても繁盛している。大阪グルメに詳しい人なら「ポミエ」は一度訪れてみたいスポットなのではないでしょうか。

日本橋と恵美須町の間にある名店

電電タウンの外れにある喫茶店のような店構えの「ポミエ」は、大阪グルメのデカ盛り分野ではトップと言っても過言ではないほど有名です。「ポミエ」に到着したらまずは順番待ちの名簿に名前を書きましょう。待つことが多いと思われますので、隣にある珍しいインスタントラーメンを売っているお店で時間を潰すのもいいかもしれません。名前を呼ばれる頃には戻っておきましょう。

並が1.5合 大盛りが3合

名前を呼ばれて中に入ると清潔感のある空間に案内されます。とても良好な環境で食事ができますので、デカ盛り=小汚い、というような方程式は「ポミエ」には当てはまりません。むしろお洒落な空間といった方が近いでしょう。メニューはカツ丼や親子丼、えび丼、からあげ丼などがあり、一番有名なカツ丼を注文。大きさは迷いましたが、初めてだったので並を頼みました。並でもご飯の量が1.5合と量が多いので全部食べられるか不安でした。隣の人の料理の量を見ると……デカさに圧倒されてしまいます。

美味しさ重視の人も来る

頼んだ並盛りがやってきました。コレ並ちゃうやん! と心の中で突っ込んでしまいます。大盛りでもないやん! デカ盛りやん! 心の中は激しく揺れ動いていますが、外見は大人しくしています。噂ではすごく美味しいとの情報があったので期待しながら、半熟玉子の海からカツを見つけ出していただきました。半熟玉子でほどよく柔くなった衣が、厚めのお肉と絡み合って美味しすぎました。しかもガッツリ食べられるので美味しさを味わう時間が長く続きます。半熟玉子にも出汁の味がしっかりと染み込んでいて、単体でも美味しくいただけます。もちろんご飯と一緒に、カツと一緒に食べるのがより良いでしょう。

食べても食べても全然量が減らないから、大食いの人にもぴったり。少食の人でも少なめで頼めば「ポミエ」の味を楽しむことができます。実際、隣に座っていたスタイルのいい女性が少なめでカツ丼を頼んでいました。

まとめ

「ポミエ」は大食いの人も、そうでない人も楽しめるグルメスポットです。美味しい丼をガッツリ食って、幸せな満腹感に身をゆだねましょう。