今回は1番のたけ井にいきます

なんばのエディオン9Fに全国各地の有名ラーメン店が集まっている「なんばラーメン一座」があることを知っている人も多いでしょう。この記事を読んでいる人の中にはずっと行こうと思っているけど、結局行けてない方も多いのではないでしょうか。

まだ行けてない人達の参考になるよう「なんばラーメン一座」のお店を順番に紹介していきたいと思います。今回紹介するのは京都・城陽に本店のある「たけ井」の支店「別邸 たけ井」。ここの名物のつけ麺を食べに行ってきました。

「たけ井」ってどんなお店なの?

「たけ井」の店主は千葉県にある有名店「とみ田」で修行をして、その後独立しました。そして京都の城陽市に店を出します。郊外の店ですが連日行列ができる超人気店に成長し、そこから大阪の郊外にも出店。そしていよいよ大阪の中心部へ進出。その内のひとつが「別邸 たけ井」なのです。

つけ麺がうまいのは当たり前

「別邸 たけ井」の特徴としましては、まず他の店舗より空いている確率が高いことが挙げられます。これはチャンスだと思います。待ち時間がない「たけ井」なんて夢のようです。

私が注文したのは特製濃厚鳥豚骨つけ麺の大(税込1350円)です。中なら1300円、小なら1250円ですね。券売機にて食券を買ってくださいね。「なんばラーメン一座」は全店舗食券だったような。メニューにラーメンもありますけど初めての人はぜひ、名物のつけ麺を食べてもらいたいですね。

美味しい店の味がする

麺をすするとわかりますが、麺がモッチモチなんですよね。弾力ある極太麺と魚介が効いた濃いスープがよく絡んでこれぞザ・つけ麺という濃厚な味が楽しめます。極太&濃厚のコンビネーションがいつもながら素晴らしいです。

具材の中ではレアチャーシューが気になりますよね。これレア度ハンパなくて、ギリギリ生肉と言っても過言でないほどの出来栄え。逆に豚肉はしっかり焼かれていました。味付け玉子は中まで味がしみこんでいるのがいい感じ。こういう店はメンマまでうまいですよね。

麺と具材を食べ終えたら、残りのスープをどうするかです。各テーブルにスープ割りにするためのダシが置いてあるので、スープを全部飲みたい人はスープをダシで割ります。これで飲みやすくなったのでスープを全部飲み干します。個人的にはダシを足さないで、スープだけでも飲み干せそうです。どちらにされるかはお好みでどうぞ。

たけ井まとめ

行列店「たけ井」のつけ麺をできるだけ並ばずに食べることができるのが「別邸 たけ井」の良さのひとつ、なのかもしれません。純粋に味だけでいうと、極太麺好き、濃厚スープ好きにはうってつけなので、好きな人は食べてみてくださいね。

テーマ: