東大阪市、長田にあるケーキ屋さん、ルジャンドル。看板には「ties sweets」と掲げられていて、どんな意味だろう?と思って調べてみると、ties(タイズ)とは”絆”(きずな)という意味で、人情あるこの街にちなんで、ルジャンドルのお菓子の総称となったそうです。何気なく見ていた言葉にそんな深い意味があるとは知りませんでした、新しい発見です。では、早速ケーキをご紹介しますね。

紫芋のモンブラン。紫色が鮮やかで、綺麗にモンブランクリームが巻かれている様が美しいケーキです。一番下にはスポンジケーキよりは少し硬めの生地があって、たっぷりの紫芋のモンブランクリームと、上には栗の甘露煮、中身は甘さ控えめの生クリームと、さらに栗が入っています。モンブランクリームは栗じゃなくてお芋ですが、栗とはまた違ったねっとり感があって、それでいて上品な甘さ。一番甘いのは栗の甘露煮でしたが、食べていてバランスがいいケーキでした。周りに薄くかかっている粉糖もオシャレですよね。

いちごのティラミス。こちらはカップ入りのティラミスで、なめらかな歯触りのマスカルポーネクリームとコーヒー風味のスポンジケーキ、チョコレートの生クリーム、ココアパウダーの層になっていて、トッピングにはいちごとストライプ柄のチョコレートスティック、そしてチョコレートの生クリームがうねっと乗せられています。カップに収まっているのでスプーンで食べやすいし、チョコレートのお味が濃厚だけどコーヒーの苦みも生きていて、マスカルポーネクリームのまったり感もベストマッチ。チョコレート感が強いのも好みだし、真っ赤な苺も甘くておいしかったです。

ノワゼット。チョコレートムースとヘーゼルナッツムース、ココア風味のスポンジケーキ、チョコ生クリームが重ねられていて、ヘーゼルナッツの香りと風味が豊かです。口に入れた瞬間に強いヘーゼルナッツ感が襲ってきて、ナッツ食べてます!という、香ばしいお味が広がります。チョコレートも負けていなくて、まったりなめらかなチョコ生クリームもちゃんと主張していて、見事なバランス。ヘーゼルナッツとチョコレート、合わないわけがない、間違いない組み合わせですね。

プラントン。苺のムースとチョコレートムース、ココア風味のスポンジケーキ、苺ジャムが綺麗に層になっていて、真っ赤な苺とピンク色の苺のムースが可愛いです。ほんわかとした可愛さの中に、スクエアにカットされているのでクールな感じも漂います。苺のフルーティーな甘酸っぱさのムースは爽やかで、まったりとした味わいのチョコレートムースともよく合っていて、見た目と味のバランスが抜群です。多めに絞られた生クリームは甘さ控えめで主張し過ぎず、丸くて小さい赤い実はとっても甘酸っぱくて、見た目にもお味にもアクセントになっていて、おいしくて可愛らしいケーキです。

ナポレオン。色鮮やかな真っ赤な苺が目に飛び込んできて、ショーケースでもひときわ目立っていました。ミルフィーユのようにパイがサンドされていて、しっとりめのスポンジケーキと生クリーム、茶色く見えるのはキャラメルクリーム。甘みとねっとり感が強く、全体のお味を引き締めている感じです。上にも真っ白な生クリームがもりっとトッピングされていて、苺の赤い色とのコントラストもとても綺麗ですよね。断面の美しさも写真映えしています。パイはしっとりしていて、フォークでも少し押さえれば切れる感じ。甘さ控えめで上品なお味の生クリームが、甘めのキャラメルクリームとパイと絶妙に絡んでいます。いちごは酸味が強いお味だったので、甘ったるくなく食べられるケーキです。

苺のレアチーズ。生クリームと苺の盛り方が独特で、可愛いフォルムのケーキです。一番下がレアチーズムースで、真ん中のピンク色の部分が苺のムース。どちらもなめらかな舌触りでほどよい甘みがあって、なめらかな生クリームと一緒に食べるとまったりしていておいしいです。苺は香りがよく、甘みと酸味のバランスが取れていて、爽やかな印象の二種類のムースともとてもよく合っていました。真っ赤な苺の表面にかかっている粉糖にもセンスが光ります。

ルジャンドル。お店の名前と同じ名前のケーキです。どこにも書いていませんでしたが、お店の看板商品なのでしょうか?しっとりふんわりなココア風味のスポンジケーキとチョコレートの生クリームが

サンドされていて、表面のチョコレートは固そうに見えてなめらかで、こっくり濃厚なお味で、全体をまとめている感じ。本当にチョコレートだけで作られたケーキ、チョコレート好きにはたまらないおいしさです♡スポンジケーキはふんわりしているのでしつこくなく、軽く食べられちゃうケーキです。

フロマージュブラン。丸いのはレアチーズケーキで、下には四角いスポンジケーキが敷いてあります。どろっとかかっている赤いソースはラズベリー、その上には生クリームと、苺、ブルーベリーが乗っています。まんまるいフォルムのレアチーズケーキの中には、また生クリームとラズベリーソースが入っていて、甘酸っぱいラズベリーソースがお味のアクセントになっています。レアチーズケーキはしっとり固めだけどなめらかでぷるんとしていて、食べ応えもありました。でも濃厚過ぎないので、やっぱりぺろりと食べてしまえるおいしさ。コロンとした形のケーキもまた可愛いですね。

続いてはイートインでいただいたランチメニューです。

てりやきハンバーグとナポリタン。熱々で湯気が立っているのがお分かりでしょうか、ハンバーグのてりやきソースがぐつぐつしています。ナポリタンスパゲッティはあっさりだけど濃厚なケチャップのお味で、どこか懐かしいおいしさを感じます。そしてその下には目玉焼きが…上に乗っていない、隠れているところがまた控えめですよね、嬉しい発見です。てりやきハンバーグはずっしりで、甘辛くてどろっとしたソースによく合う、肉肉しいガッツリとしたお味でした。ハンバーグとスパゲッティが一度に味わえるなんて、贅沢ですよね。

ベリーソースのパンケーキ。ベリーソースにゴロゴロ入ったフルーツが目を引きます。多分赤スグリとブルーベリーで、柔らかいながらベリーらしい食感も残っていて、ジューシーなソース。お味は甘酸っぱさが強く、薄めにしっかり焼かれたパンケーキに段々染み込んで、いい感じになって来ます。バニラアイスクリームと生クリームがそれぞれ別に添えられていて、好きなようにトッピングして食べられるのも嬉しいですよね。パンケーキと甘酸っぱいベリーソースと、生クリームとを一緒に食べるのが、一番おいしい組み合わせかなと思いました。バニラアイスクリームはそれだけでおいしいので、溶ける前にほぼそのままいただきましたよ。

店舗の一階にケーキ売り場と厨房があって、二階のカフェには螺旋階段を使って上がります。そんなところもなんだかオシャレで、わくわくする楽しさを感じるお店です。カフェはお昼時にはかなり混み合っていて、おいしいランチと楽しいお話で皆さん盛り上がっていました。居心地がいいからお話も弾んで、つい長居してしまいそうになります。ケーキもですが、またランチにも行きたいですね。ごちそうさまでした。

テーマ: